カテゴリ: Nゲージ 客車

こんばんは。
前回の記事で静岡ポポンに行ったとお伝えしましたが、その際に購入したのがこちら
20201207_215239

20201207_215258
14系宮原車ムーンライト仕様です!


品番
98246
品名
JR 14-200系客車(ムーンライト九州)基本セット
価格
11,660円(税込)
発売月
2017年07月


1972年に登場した14系座席車は、12系客車をベースとしながらも、同時期の183系特急形電車に準じた仕様となっており、側窓は大きな二重固定窓とされ、座席は簡易リクライニングシートを備えています。
JR西日本では1988年にシュプール号に用いるために改造を施し、外観塗色の変更や、荷物置場の設置などが行われ、200番代に改番されました。



ピンク色の14系……
シュプール号やムーンライト九州でお世話になった方も多いのではないでしょうか?
私も九州への往復にムーンライト九州を利用し、この14系に乗車した思い出の車両です。
本当は展望車セットが欲しかったのですが、尾久ではなかなかの金額でして……(´・ω・`)
この車両、ポポン静岡ではお得な金額(税込み4桁!)でしたので確保した次第です(^_^;)




スハフ14200
20201207_215409

改造の際に側窓が1つ埋められています。
実車は座席も交換され、一般の14系と比べ快適に過ごせました。


オハ14200(250)
あっち側 
20201207_215445
こっち側
20201207_215509
オハ14は側窓の埋められた部分に大型荷物室または更衣室が作られました。それによって200番台か250番台に区分されています。
セットには2両入ってます。


スハフ14200
20201207_215546
小窓部分には車販準備室が作られています。



付属品
20201207_215957
シンプルにジャンパ栓と台車枠のみです。
しかも中古で買った筈なのに未使用です(O_O)




20201207_215644
見えにくいですが、右側がジャンパ栓を取り付けるタイプです。



20201207_215912
ヘッドマークはムーンライト九州が取り付け済みです。他のマークは付属していません。




当時の牽引機はPFですが、床下が黒かグレーだったのか残念ながら覚えていないという……





20201207_220023
もちろん4両のみでは寂しいですからね。即座に増備しましたよ( ´艸`)

整備はだいぶ先になりそうです……


今回はこれで👋
⬇クリックお願いします⬇🙇

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

こんばんは
先日の休みにポポンデッタに行って参りました
マイクロの整備用にモーター車のジャンク品でもあればという軽いノリで

いざ店内に入ると、悪魔の囁きが私の脳内を駆け巡まして……


20201006_204107

20201006_204128
新品買ってしまいました😱


西の横綱(?)サロンカーなにわ登場です😊


品番92819
品名JR 14-700系客車サロンカーなにわセット
価格16,500円(税抜)
発売月2010年07月



14系「サロンカーなにわ」は、「ジョイフルトレイン」ブームのきっかけを作った「サロンエクスプレス東京」に次いで1983年9月に誕生した関西地区を代表する欧風客車で、かつての名門特急「つばめ」の展望車をイメージさせる展望デッキやシックな塗装が特徴となっています。
1994年に内装を中心とした大幅な更新工事が行われグリーンカーマークがなくなり、側面帯色がメタリックゴールドから山吹色へと変更されました。

というTomixさんの説明文です
まぁ、関西に住んでないので乗ったことなんかありません😫
一昨年、大阪に出かけた時に宮原に行きましたが(たまたま)その時見かけたぐらいです
20181009_123124
20181009_123142
雑誌で見た宮原の光景が見れるとは思ってもいなかったので一人心の中で喜んでおりました
(何気に奥にクモヤがいるし)

因みに、探していたマイクロのモーター車ですが、401系のバラ売りがあったので確保いたしました💁
その後も悪魔の囁きは止みませんでしたが、なんとか振り切って帰りました🏠



20201006_204152
どうやら最新のロッドのようです



20201010_221337
付属品はテールランプパーツと台車のみです



スロフ14-703
20201010_220853
20201011_221114
あっちとこっちで窓の残りが異なっていますね
あっ!機関車は気にしないでください😅


オロ14-706~710
20201010_220513
20201011_221159
中間車は全て同じ仕様になってますので割愛……(゚Д゚;)


スロフ14-704
20201010_220740
20201011_221250
こちらの車両は窓埋めは無いようです




20201011_221345
スロフの妻面はこんな感じです



20201010_221126
出荷時は703はアーノルド704はダミーが取り付けてあります



20201010_221220
付属品は取り付けて無い状態です
個人的に光漏れは気にしませんのでこのままにしようかと


20201011_195604
こんなのが売っていたようです

さていつ弄るか……遊ぶ時間がもう少しほしい(切実)😢





こんばんは!

早速ですが今日はこちらを↓
20200921_131958
20200921_132023
同梱商品の都合上、発売日から約半月遅れて届きました12系宮原車です


品番 98705
品名 JR 12-100系客車(宮原総合運転所)セット
価格 12,800円(税抜)
発売月 2020年08月


12系は1969年に登場した急行形の客車です。
2段式ユニットサッシが並ぶ車体で青色に白い帯2本が特徴です。
JR西日本宮原総合運転所(旧称)に所属する12系は北びわこ号や各種臨時列車にてJR西日本・JR四国・JR九州管内まで運行されています。
(以上Tomix説明文から引用)

西のオリジナル12系客車です
というか西日本の12系はこの6両しかいないんですね…(゚Д゚)



まずは付属品
20200921_132810
20200921_132823
北びわこ号やあそ号のベッドマークや反射板がありますが基本的に使いません😅


続いてサイドから
スハフ12-129
20200921_132145


オハ12-352
20200921_132216


オハ12-346
20200921_132246


オハ12-345
20200921_132314
クーラーはAU13Eを装備


オハ12-341
20200921_132338


スハフ12-155
20200921_132402




20200921_132710
高崎車と異なりJRマークが印刷されています


20200921_132543
スハフ12-155(右)の車掌室側貫通ドアに有るステー跡が再現されています
スハフ12-129(左)の乗務員室窓は面長じゃないんですね
100番台は全て面長な窓かと思ってました…😥


20200921_132649
見えにくいですがテールランプはLEDがしっかり点灯しています💡



20200921_141845
予約の際にこんな物を買っていまして、整備しながら貼り付けますよー😊



↓ポチりしていただけるとありがたいです🙇


こんばんは
だいぶ暑さが緩くなってきた気がします
夜は過ごしやすいです
ただし、寒暖による体調不良には気をつけねば!


20200905_221525

20200905_221620
12系お座敷客車江戸です

品番 A2682
品名 12系お座敷客車「江戸」6両セット
価格15,000円(税抜)
発売2008年4月


キャッチコピーは


東京のお座敷列車! 12系江戸

そうですか……


江戸は1986年12系を改造して誕生したお座敷客車です
改造工場は国鉄大宮工場
各車両の愛称は東京の下町の名前がつけられています
当初は品川運転所(当時)に配置されていましたが、車両無配置化により尾久客車区へ転属
2000年に廃車になりました





20200905_223805
付属品はステッカーとカプラーアダプターのみです



スロフ12-825(鳥越)20200905_221825
オロ12-849(湯島)
20200905_221858
オロ12-850(深川)
20200905_221921
オロ12-851(花川戸)
20200905_221951
オロ12-852(向島)
20200905_222021
スロフ12-826(柴又)
20200905_222102




20200905_222508
所属表記は南シナになってますねー
個人的に東オクが良いのですが😅


20200905_222615
ON-OFFスイッチは無いようです


20200905_222634
室内は黄色の成形色ですが、テーブルと展望室部分は塗装されてます


20200905_222723
種車はスハフ12100なので乗務員室の窓が少しすっきりしてる筈ですが、模型はスハフ12の窓のようです



20200905_221737
テールライトは他のマイクロ12系同じですね💡


廃車から20年とは…
良くこちらの地域に来ていたので高崎のロクヨンに牽かれた江戸を良く見たものです
もう客車に乗るのは高崎か大井川か……
どちらにしても遠いな……😰

今日はこの辺でm(_ _)m
↓ポチッとお願いします🙇🙇🙇

こんばんは


20200905_211934
20200905_212007
12系カヌ座です!

品番 A1859
品名 12系お座敷客車「カヌ座」+「サロン佐渡」7両セット
価格17,500円(税抜)
発売2008年4月


キャッチコピーは




サロンカー増結!新塗装12系カヌ座
そうですかそうですか……

そのまんまやん!




1981年に国鉄新潟鉄道管理局が、大宮工場で12系客車を改造して投入した和式客車(お座敷客車)である
改造当初は6両編成であったが、1985年に新津工場で改造した欧風車両「サロン佐渡」を編成中間に組み込み7両編成となった
1988年9月に外部塗装が白地にオレンジの濃淡2色のストライプに塗り替えられ、4号車の「サロン佐渡」を3号車の「八海」と連結順序を入れ替え、4号車と5号車の間で分割可能として、4両または3両でも運用できるようにした。その際、オロ12 811およびオロ12 812の妻面に尾灯が設置されている。
1996年には、深緑色地に窓上と窓下に金色の帯を配した塗装に塗り替えられた。
1999年には、「サロンエクスプレス東京」が「ゆとり」に改造された際に、改造対象から外れ編成から抜き取られたオロ14 702が転入し、2両目の「サロン佐渡」として組み込まれ、8両編成となった
2001年にはオロ12 706以外の7両が普通車に用途変更となった。「ロ」を「ハ」に変更し、番号に1000を加えてスロフ12 805・806 → スハフ12 1805・1806、オロ12 809 - 812 → オハ12 1809 - 1812、オロ14 702 → オハ14 1702となった
オロ12 706は2001年に廃車となり、他の7両は2002年2月のさよなら運転をもって運用を終了し、同年内に廃車となった
(以上wikiから抜粋)

大宮の匠の手によって改造されたんですねー😲
私の住む地域にも団臨でよく来てましたよ
末期の深緑色は白樺と塗装が被りますしあまり見た記憶が無いですね😥
カヌ座といえば今回の製品の塗装の印象が強いです



20200905_214142
付属品はステッカーとカプラーアダプターのみです


さて、いつものようにサイドを
スロフ12-805(妙高)
20200905_212226


オロ12-809(米山)
20200905_212255


オロ12-810(八海)
20200905_212324
非トイレ側の妻面には分割運用考慮して尾灯が設置されてます


オロ12-811(弥彦)
20200905_212353
こちらはトイレ側に尾灯が設置されてます


オロ12-706(サロン佐渡)
20200905_212425
この車両のみ側窓が固定化されてます


オロ12-812(飯豊)
20200905_212454


スロフ12-806(月山)
20200905_212520





20200905_212705
上がお座敷、下がサロン佐渡の室内です
何色か塗りましょう塗りましょう!


20200905_212845
分割運用できるように3号車と4号車の妻面には尾灯が
模型では流石に点灯しませんが……😅



20200905_212921
20200905_213029
LEDぽいのですが、なんか色味が違うかな…

気になったから交換だ!



最近、マイクロとTomixばかり出してますが、KATOの車両も持ってるんですよ
出すのが面倒なだけで……

たぶん、次回もマイクロです🙇


↓ポチりお願いします(*゚▽゚)ノ

↑このページのトップヘ